2010年02月04日

横浜事件・元被告の遺族へ補償交付…地裁決定(読売新聞)

 戦時中最大の言論弾圧事件「横浜事件」で、裁判を打ち切る免訴判決が確定した元被告・小野康人さん(1959年死去)の遺族2人が申し立てた刑事補償請求について、横浜地裁(大島隆明裁判長)は4日、小野さんが治安維持法違反容疑で逮捕・拘置された784日間の補償として980万円の交付を認める決定をした。

 刑事補償法は、無罪判決を受けた人だけでなく、免訴とされた場合でも、「免訴とする理由がなければ、無罪判決を受けるべき十分な理由がある場合」には補償を認めると規定。補償が認められたことで、小野さんは事実上、無罪と認定されたことになる。

 横浜事件の刑事補償を巡っては、ほかの元被告4人についても遺族が請求を申し立てており、同日中に決定書が交付される見通し。

ハイチ復興 ネット支援広まる 詐欺も横行ご用心(産経新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す−大阪府警(時事通信)
「角界に新しい風」=相撲協会理事選で−鳩山首相(時事通信)
posted by シブヤ マサユキ at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)

 公明党は29日、今夏に行われる参院選埼玉選挙区(改選数3)で、現職の西田実仁(まこと)参院議員(47)を擁立する方針を固めた。同選挙区では、候補擁立を見送る方針だった。西田氏のくら替え出馬が予定されていた比例代表には、長沢広明元衆院議員(51)を充てる。2月4日の党中央幹事会で正式決定する。

 同党は、昨年の衆院選では選挙区で全敗したため、参院選選挙区での候補擁立に慎重だった。だが、民主党が鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題で支持率を下げていることを踏まえ、28日の党中央幹事会で現有11議席の確保を目指すことを決定。同時に埼玉選挙区で擁立する方針を確認していた。

【関連記事】
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相

<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
認知症の人が安全に外出できる環境の整備を(医療介護CBニュース)
大久保秘書、関与ほのめかす供述=石川議員の報告了承か−04年分の虚偽記載(時事通信)
NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕−山口県警(時事通信)
posted by シブヤ マサユキ at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。