2010年01月23日

同盟深化、年内に結論=日米安保「不可欠」−改定50年で首相が談話(時事通信)

 日米安全保障条約の改定の署名から50年を迎えた19日、鳩山由紀夫首相は「日米安保体制はわが国の安全のみならず、アジア太平洋地域の安定と繁栄に大きく貢献してきた」と日米同盟が果たしてきた役割を評価し、「引き続き不可欠」とする談話を発表した。首相は21世紀にふさわしい形で同盟関係を深化させる協議を米政府と進め、年内に成果を公表する考えを表明した。
 同盟深化の協議は、日米の外務・防衛担当閣僚が行い、両国は今年前半に日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開催することで合意している。日本側は、オバマ米大統領が横浜で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加するため来日する11月までの結論を目指す。ただ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる日米の隔たりは埋まっておらず、同問題の決着が同盟深化の前提条件となる。 

【関連ニュース】
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<センター試験>全国725会場で始まる(毎日新聞)
<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除−財務省(時事通信)
どうなる進退? 小沢氏が福井で記者会見「選挙に影響ないよう結論」(産経新聞)
<衆院予算委>天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
posted by シブヤ マサユキ at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。