2010年04月02日

タレント活動で報酬、大阪府の男性看護師を処分(産経新聞)

 タレントとしてテレビ番組に出演し報酬を受け取ったのは地方公務員法で禁じたアルバイトにあたるとして、大阪府立病院機構は31日、府立精神医療センター(枚方市)の男性看護師(37)を戒告の懲戒処分にした。男性看護師は「芸能界にあこがれていた」と話しているという。

 病院機構によると、男性看護師は平成19年からタレントスクールに通い、21年11月までの間に、授業の一環として情報番組のミニドラマなどに計9回出演した。9回のギャラは計約2万円。撮影には有給休暇などを使ったという。

 男性看護師が番組に出ているのを同僚がテレビを見ていて発覚。男性看護師は「趣味で出演していた。報酬は交通費と昼食代程度だったのでアルバイトにあたらないと思っていた。もうテレビには出ない」と釈明しているという。

<年金記録回復委>脱退手当金巡り、救済認める基準(毎日新聞)
短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職(産経新聞)
中国製ストーブで4件の火災、1人死亡(読売新聞)
民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)
posted by シブヤ マサユキ at 02:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。