2010年04月12日

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは6日、臨床研究3例目となる病腎(修復腎)移植移植手術を愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で開始した。万波誠医師(69)の執刀で行われ、午後にも終了する見通し。

 病院によると、手術は愛媛県内の50代の腎がん患者の男性から、透析治療を続ける県内の50代の慢性腎不全患者の女性への移植。同病院は病腎移植を昨年12月末、約3年半ぶりに臨床研究として再開し、1例目を第三者間で、3月に2例目を夫婦間で実施した。

【関連記事】
病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

NPO優遇税制拡充へ=税額控除導入など柱−政府税調(時事通信)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる−道警(時事通信)
休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕−警視庁(時事通信)
<普天間移設>結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言(毎日新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏−平沼氏との連携も(時事通信)
posted by シブヤ マサユキ at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。